ハナママのジャスミン日記

2014.12月に産まれた娘ジャスミン。先天性心疾患・房室中隔欠損の手術。ダウン症と診断された日。
ジャスミンが産まれてからこれまで、そしてこれからの気持ちをブログに書くことで整理できればと思います。

初めての遺伝外来

今日は初の遺伝外来

夫婦で参戦💪


療育外来でもお会いした遺伝科の先生


さんまの本までっかTVに出ている池田清彦先生似の気さくなおじいちゃま先生


私と主人の家族歴なんかも聞きつつ、ダウン症の遺伝の仕組みについて細かく説明してくれた


聞いておきたかった二人目への遺伝の話


凍結卵がダウン症になる可能性は1/200

凍結して時間が止まっている分、今からの受精卵より確率は低いらしい


1/100が1%だから1/200は0.5%

ふむふむ


そしてジャスミンの発達の確認


ほっぺを指したときに振り払いますか?

う~ん、ワセリンとか塗るとき手で払いますけど...

先生、ティッシュペーパーを一枚持ってきて仰向けに寝かせたジャスミンの顔の上へ~


パシッ❗❗❗


⁉⁉⁉⁉⁉


電光石火ですね~

先生もびっくり

ジャスミンすごい早さで振り払いました😆

これには夫婦で大ウケ

そして天才なんじゃないかと親バカ(笑)


これからも先生を驚かせてやろうぜ❗っと闘志を燃やすジャスミンパパ🌼


帰りは私が行きたかった写真展へ

ギリギリ滑り込み💨


美術館デビューが篠山紀信とは

ジャスミンちょっと刺激的だったかな✨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。