ハナママのジャスミン日記

2014.12月に産まれた娘ジャスミン。先天性心疾患・房室中隔欠損の手術。ダウン症と診断された日。
ジャスミンが産まれてからこれまで、そしてこれからの気持ちをブログに書くことで整理できればと思います。

ジャスミンのパパ

ジャスミンが生まれて心臓のこととダウン症のことを聞いたジャスミンのパパの打ちひしがれ様ったらありませんでした

心臓が悪いジャスミンよりも彼のことを親戚一同が心配したぐらい


ジャスミンが生まれて3日ぐらいはそんな彼に私もやさしくしてあげてたけど

4日目には切れました

『あなたの心配をしている余裕は私にはありません!』


GCUを出てジャスミンが自宅退院になっても

ため息連発

ミルクが飲めないことやうんちがでないことに超敏感に反応


まるで自分が責められてるみたいでつらくって

なんでこの人はど~んと構えてくれないんだろう???

そんな彼の隣では泣けない私…


ダウン症の検査

受けるか受けないか、いつ受けるか、そうだったらどうするか

『絶対違うから!』一点張り


もしダウン症だったら彼はジャスミンを愛せるのかな?

かわいいって思えるのかな?

無理かもしれない

そしたら一人で育てるしかない

そんなことを思った幾夜


それが今


ジャスミンパパ『ねえ、ちょっとちょっと」

私『何?』

ジャスミンパパ『(ジャスミンが)可愛いんだけど!!!』


まだまだ波はあるけれど親ばか全開なジャスミンパパ


愛は理屈を超えるのね!!!

パパとお揃いのベッカムヘア(古っ!)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。